アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成 トライ・ワークス

有限会社トライ・ワークス

for the best athletes only トップを目指す全ての人たちへ・・・

アスレティックトレーナーオリジナル用品オンラインショップ
トライ・ワークスへのお問い合わせ
トライ・ワークス|アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成



BOJ

トライ・ワークスはBOCのプロバイダーです。


NSCAジャパン

トライ・ワークスのL.S.F.A. BasicSkills及びSafetyProvider両コースはNSCAジャパンの認定試験受験及び認定資格保持者の資格更新に有効です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与対象講習会です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本体育協会アスレティックトレーナー(JASA-AT)資格更新のための1次救命処置(BLS)資格保持条件を満たす講習会です。



ワークショップ開催告知

反射性トレーニングの実践

2017年2月5日(日)に、佐藤晃一氏(ATC)をお迎えし、ワークショップを開催します。 反射性トレーニングとは、反射を利用して動きのパターンを促進し、痛み、可動域の低下、筋機能低下など局所的な問題を全体的に対処するアプローチです。反射性トレーニングの原則を既存のエクササイズに取り入れることによって、エクササイズの効果を向上することができます。

このワークショップでは、
@反射性トレーニングの原則
A身体運動の評価方法
B症例を使った反射性トレーニングの使用例とその理論
C頻繁に使われる効果的なエクササイズの紹介と実習
D反射性トレーニングをウォームアップやウェイトトレーニングに導入する方法

を紹介します。

目的 (Objectives)

@反射性トレーニングの原則を理解する (Understand principles of reflexive training)
A身体運動の評価方法を理解、実習する (Understand and practice evaluation of movement patterns)
B反射性トレーニングの実践方法を理解する (Understand practical use of reflexive training)
Cエクササイズの目的を理解し、実践する (Understand purpose of exercise and practice exercises)
Dウォームアップやウェイトトレーニングに反射性トレーニングを導入する方法を理解する (Understand how to integrate reflexive training into warm-up and weight training)

アウトライン (Outline)

@反射性トレーニングの原則 (Principles of reflexive training)
a.関節位置 (Joint Position/Posture)
b.近位スタビリティ・呼吸 (Proximal Stability & Breathing)
c.遠位スタビリティ・接地感 (Distal Stability/Base of Support)
d.アクティブローディング (Active Loading)
e.パターニング (Patterning)
f.ウェッジング (Wedging)
g.負荷角度 (Angle of load)
h.RNT (Reactive Neuromuscular Stabilization)
i.関節圧縮・牽引 (Joint Compression & Traction)
j.口顔面 (Orofacial)
k.握り (Gripping)
A身体運動の評価方法 (Evaluation of movement patterns)
a.全身運動 (Multisegmental movements)
b.オーバーヘッドスクワット (OH Squat)
c.片足スクワット (1Leg squat)
d.ハードルステップ (Hurdle step)
B症例を使った反射性トレーニングの使用例とその理論 (Practical use of reflexive training)
a.股関節のツマリ (Hip impingement)
b.膝の痛み (Knee pain)
c.硬い股関節 (Tight hip)
d.オーバーヘッドスクワットができない (Unable to OH squat)
e.など (etc.)
C頻繁に使われる効果的なエクササイズの紹介と実習 (Frequently used exercises and practice)
a.Low Oblique Sit
b.Supine Arm Lowering
c.Bear
d.Arm bar & Active straight leg raise
e.Lateral Squat
f.Rotational Squat
g.Step-up & 1Leg squat
h.1Leg deadlift & Airplane
i.など (etc.)
D反射性トレーニングをウォームアップやウェイトトレーニングに導入する方法 (How to integrate reflexive training in warm-up and weight training)
a.横の動き (Lateral movement)
b.Erect-cise
c.エクササイズのコンビネーション (Exercise combination)
d.施設の有効利用 (Efficient use of facility)

※本ワークショップは2016年に開催しました「スポーツと生活のための反射性トレーニング:上肢編&下肢編」の応用編となります。

取得可能単位

  • 本ワークショップはBOC カテゴリーAより6.0CEU付与が可能です。
    *(有)トライ・ワークスはBOCプロバイダー です。
日  時 2017年2月5日(日)9:30〜16:30 受付9:00より
参加対象 アスレティック・トレーナー、ストレングス&コンディショニングトレーナー
受 講 料 21,600円(税込)
キャンセル料 キャンセル料は下記の状況になった場合発生します。
ワークショップ開催日時より31日〜40日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の全額払い戻しがありますが、開催日時より1日〜30日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の30%のキャンセル料が発生します。
またワークショップがキャンセルになった場合は、受講料の全額が払い戻されます。
※本ワークショップは最少開催人数を15名とし、人数に達しない場合は開催をキャンセルいたします。
申込〆切 2017年2月2日(木)午後12時まで
定員に達し次第締切
定  員 先着20名様迄
服  装 実際にトレーニングを実施いたしますので、汗をかいても良い服装、室内用スポーツシューズをお持ち下さい。
会  場 ATR半蔵門地図
東京都千代田区麹町1-10 澤田麹町ビル7階
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅3a番出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 麹町駅3番出口より徒歩5分
半蔵門駅3a番出口を出て右方向。ファミリーマートのある交差点を右折。内堀通りに向かって100m程度直進すると左手に「澤田麹町ビル」があります。
同じビルに、「半蔵門心療クリニック」「台湾貿易センター東京事務所」が入っています。

講師

写真 佐藤 晃一
  • 資格
    ATC, NASM-PES
  • 所属
    公益財団法人日本バスケットボール協会スポーツパフォーマンス部会部会長
  • 経歴
    福島県郡山市出身。東京国際大学教養学部国際学科卒業。イースタンイリノイ大学体育学部アスレティックトレーニング学科卒業。アリゾナ州立大学大学院キネシオロジー研究科バイオメカニクス修士課程終了。元アリゾナ州立大学スポーツメディスン・アシスタントアスレティックトレーナー。同大学キネシオロジー学部講師。活動歴として、ブリストールホワイトソックス(シカゴホワイトソックス傘下)ヘッドアスレティックトレーナー、シカゴベアーズトレーニングキャンプ参加などがある。2007年から08年はNFL選手のリーヴィ・ジョーンズ(シンシナティ・ベンガルズ)のパーソナルトレーナーを担当。日米両国においてシンポジウム、ワークショップ等での講師を務める。2008年よりNBA ワシントン・ウィザーズにてリハビリコーディネーター/アシスタントアスレティック・トレーナーを担当。2013年よりNBAミネソタティンバーウルブススポーツパフォーマンスディレクター。2016年より公益財団法人日本バスケットボール協会スポーツパフォーマンス部会部会長。
logo

問い合わせ/(有)トライ・ワークス
TEL:03-3288-0141 FAX:03-3288-6257
E-mail:workshop@tryworks.co.jp 担当:カコ、カワイ