アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成 トライ・ワークス

有限会社トライ・ワークス

for the best athletes only トップを目指す全ての人たちへ・・・

アスレティックトレーナーオリジナル用品オンラインショップ
トライ・ワークスへのお問い合わせ
トライ・ワークス|アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成



BOJ

トライ・ワークスはBOCのプロバイダーです。


NSCAジャパン

トライ・ワークスのL.S.F.A. BasicSkills及びSafetyProvider両コースはNSCAジャパンの認定試験受験及び認定資格保持者の資格更新に有効です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与対象講習会です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本体育協会アスレティックトレーナー(JASA-AT)資格更新のための1次救命処置(BLS)資格保持条件を満たす講習会です。



ワークショップ開催告知

2015アカデミー第7期・秋コース

早朝トレーナーアカデミー(第7期)は、トレーナーや治療家としてスポーツに関わる上で必要な知識やスキルを基礎から学ぶコースです。

現場経験豊富なトライ・ワークスのアスレティック・トレーナーが講師を務め、講師自身が活動していく上で必要だと感じて研磨してきた技術や蓄積した知識を、全12回の講義にまとめました。講義は1回から参加可能です。

競技現場で即戦力として働いていきたい、
来院する競技選手に対し的確な問診や評価ができるようになりたい、

といった方のご参加をお待ちしています。

頭で理解し、手で学ぶ

  • 実践!傷害評価法 12回

水曜日 朝8:00〜9:30 単回参加可

概  要

実践!傷害評価法

第7期では傷害評価に焦点をあてます。
教科書的な理論はもちろんのこと、講師が実際にその症例に出会った際に経験した選手の特徴的な訴え方、医師とのやり取りなど、参考書に載りにくい実際のエピソードをできる限り交えられた解説を聞きながら、評価部位の正確な触診、的確なストレスのかけ方など、しっかりとスキル習得を目指せることが、このアカデミーの特徴です。

内容

傷害評価とは、このケガが骨折なのか?打撲なのか?又は捻挫なのか?などをさまざまな情報を元に調べることです。
解剖学的な解説を入れながら、スポーツ傷害を疑う訴えや兆候に出会った際に必要なスキルであるH.O.P.S.(問診・視診観察・触診・スペシャルテスト)の手順を、各部位ごとに確認し、テスト法は実技練習を行います。

練習を繰り返し行うことで、適切な評価者のポジションや手の当て方、関節のエンドフィール、手ごたえをつかみます。頭で学んだことを手で再確認することの重要性を実感できるクラスです。知識はあるのに自信をもって傷害評価ができなかったり、正確なスペシャルテストが身についていないトレーナーや治療家をよく見かけます。

即戦力のあるトレーナーや治療家になるために、「何が分かっていないのか、何が出来ていないのか」自分に不足していることを発見する場が大切です。

アカデミーでは「自分のスキルは本当に正しいのか」「実際の競技現場ではどのようにしているのか」を追求します。
基本的なことですが現場で必要不可欠な傷害評価。

初めて遭遇する傷害に対しても正確に評価するために、集中して練習する機会はこれまでの知識や技術を揺るぎないものに変えてくれるでしょう。

講義日・講義内容および担当講師

実践!傷害評価法

※問診・視診・観察・触診・スペシャルテスト(実技)

  • 第1回 2015年11月4日(水)脊柱(頸椎・胸椎)[1]
  • 第2回 2015年11月11日(水)脊柱(頸椎・胸椎)[2]
  • 第3回 2015年11月18日(水)脊柱(腰椎・骨盤・股関節)[1]
  • 第4回 2015年11月25日(水)脊柱(腰椎・骨盤・股関節)[2]
  • 第5回 2015年12月2日(水)上肢(肩関節・肩甲骨)[1]
  • 第6回 2015年12月9日(水)上肢(肩関節・肩甲骨)[2]
  • 第7回 2015年12月16日(水)上肢(肘関節・前腕・手関節・手部)[1]
  • 第8回 2016年1月6日(水)上肢(肘関節・前腕・手関節・手部)[2]
  • 第9回 2016年1月13日(水)下肢(膝関節・下腿)[1]
  • 第10回 2016年1月20日(水)下肢(膝関節・下腿)[2]
  • 第11回 2016年1月27日(水)下肢(足関節・足部)[1]
  • 第12回 2016年2月3日(水)下肢(足関節・足部)[2]

担当講師:藤原和朗(JASA-AT)、宮崎俊太郎(ATC)、加古円(ATC)
担当講師は予告なく変更になる場合もあります。ご了承ください。

ワークショップ参加お申し込みはこちらから
日  時 第1回 2015年11月4日(水)脊柱(頸椎・胸椎)[1]
第2回 2015年11月11日(水)脊柱(頸椎・胸椎)[2]
第3回 2015年11月18日(水)脊柱(腰椎・骨盤・股関節)[1]
第4回 2015年11月25日(水)脊柱(腰椎・骨盤・股関節)[2]
第5回 2015年12月2日(水)上肢(肩関節・肩甲骨)[1]
第6回 2015年12月9日(水)上肢(肩関節・肩甲骨)[2]
第7回 2015年12月16日(水)上肢(肘関節・前腕・手関節・手部)[1]
第8回 2016年1月6日(水)上肢(肘関節・前腕・手関節・手部)[2]
第9回 2016年1月13日(水)下肢(膝関節・下腿)[1]
第10回 2016年1月20日(水)下肢(膝関節・下腿)[2]
第11回 2016年1月27日(水)下肢(足関節・足部)[1]
第12回 2016年2月3日(水)下肢(足関節・足部)[2]
8時00分〜9時30分 受付7:45〜
参加対象 アスレティックトレーナー、学生トレーナー、鍼灸師、柔道整復師、理学療法士、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、S&Cトレーナー、スポーツ傷害やその対応法を学びたい指導者 など
(参加資格は問いません)
受 講 料 全12回同時申込 32,400円(税抜) 34,992円(税込)
4回同時申込 11,600円(税抜) 12,528円(税込)
各回 3,000円(税抜) 3,240円(税込)
参加申込フォームでお申し込み回をお選びください。
回数に応じて合計受講料をお知らせいたします。
キャンセル料 ワークショップ開催日時より31日〜40日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の全額払い戻しがありますが、開催日時より1日〜30日前までに受講をキャンセルした場合は受講料の30%のキャンセル料が発生します。
12回および4回同時申込割引が適用されている場合、キャンセル回数によって参加費は再計算され返金額を確定いたします。
またワークショップがキャンセルになった場合は、受講料の全額が払い戻されます。
申込〆切 全回同時申込 2015年11月2日(月)13:00まで
各回申込 各回開催日週の月曜13:00まで
定  員 先着15名様迄
服  装 実技がありますので、動きやすい服装をご用意ください。
会  場 ATR半蔵門地図
東京都千代田区麹町1-10 澤田麹町ビル7階
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅3a番出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 麹町駅3番出口より徒歩5分
半蔵門駅3a番出口を出て右方向。ファミリーマートのある交差点を右折。内堀通りに向かって100m程度直進すると左手に「澤田麹町ビル」があります。
同じビルに、「半蔵門心療クリニック」「台湾貿易センター東京事務所」が入っています。
logo

問い合わせ/(有)トライ・ワークス
TEL:03-3288-0141 FAX:03-3288-6257
E-mail:workshop@tryworks.co.jp 担当:カコ、カワイ