アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成 トライ・ワークス

有限会社トライ・ワークス

for the best athletes only トップを目指す全ての人たちへ・・・

アスレティックトレーナーオリジナル用品オンラインショップ
トライ・ワークスへのお問い合わせ
トライ・ワークス|アスレティック・トレーナー(スポーツトレーナー)出張・育成



BOJ

トライ・ワークスはBOCのプロバイダーです。


NSCAジャパン

トライ・ワークスのL.S.F.A. BasicSkills及びSafetyProvider両コースはNSCAジャパンの認定試験受験及び認定資格保持者の資格更新に有効です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与対象講習会です。


トライ・ワークスのL.S.F.A.BasicSkills及びSafetyProvider両コースは、日本体育協会アスレティックトレーナー(JASA-AT)資格更新のための1次救命処置(BLS)資格保持条件を満たす講習会です。



L.S.F.A. CPR&AED講習会 コース概要

L.S.F.A.とは?

L.S.F.A.(Life Supporting First Aid)とは、事故防止と応急手当(ファーストエイド・CPR)を社会に普及し、貢献するために開発されたプログラムです。(開発元:L.S.F.A.本部
このプログラムは、日本救急医療財団と日本蘇生協議会(JRC)で構成するガイドライン作成合同委員会が、国際蘇生連絡委員会(ILCOR)による最新のConsensus on Science with Treatment Recommendations (CoSTR)に基づいて作成した救急蘇生のためのガイドライン及びAHA(American Heart Association's)ガイドラインに準拠しています。

Basic Skillsコース概要

オリエンテーション
1.当初の観察と接触(損傷のメカニズム、二次災害、感染症防止)
2.生の徴候の調査(反応、呼吸、出血の調査)
3.気道確保と回復体位(意識不明者の呼吸管理、体位管理)
4.心肺蘇生/CPR
5.心肺蘇生と除細動(CPR/AED)
6.止血とショック管理(直接圧迫止血、止血点圧迫、保温)
認定・登録手続き

  • 時間:おおよそ6時間
  • 費用:新規17,280円(税込) 更新15,120円(税込)
  • 期間:認定日から2年間有効

Basic SkillsコースはNSCAジャパン認定試験及び認定資格保有者の資格更新に有効です。
Basic Skillsコースは日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与講習会です。
Basic Skillsコースは日本体育協会アスレティックトレーナー(JASA-AT)資格更新に有効です。
どなたでもご参加いただけます。

Safety Providerコース概要

オリエンテーション
1.当初の観察と接触(損傷のメカニズム、二次災害、感染症防止)
2.生の徴候の調査(反応、呼吸、出血の調査)
3.気道確保と回復体位(意識不明者の呼吸管理、体位管理)
4.心肺蘇生/成人のCPR: 救助者1名、フェイスマスク使用
5.心肺蘇生と除細動(CPR/AED)
6.心肺蘇生/乳児・小児のCPR: 救助者1名
7.心肺蘇生/成人・乳児・小児のCPR: 救助者2名、バックマスク使用
8.乳児の気道内異物除去: 救助者1名
9.その他の注意点: ジョースラスト、セリック法
10.止血とショック管理(直接圧迫止血、止血点圧迫、保温)
11.認定・登録手続き

  • 時間:おおよそ8時間
  • 費用:新規21,600円(税込) 更新19,440円(税込)
  • 期間:認定日から2年間有効

Safety ProviderコースはBasic Skillsコースに加え、BOC(NATA)の定めるEmergency Cardiac Care Requirementを満たすようにアレンジされたアドバンスコースです。
Safety ProviderコースはNSCAジャパン認定試験及び認定資格保有者の資格更新に有効です。
Safety Providerコースは日本トレーニング指導者協会(JATI)の継続単位付与講習会です。
Safety Providerコースは日本体育協会アスレティックトレーナー(JASA-AT)資格更新に有効です。
ATCの方や、救急法の理解をより深めたい方はこちらのコースを受講ください。

オリジナルコース

お客様のニーズにお応えし、様々な内容を組み合わせ出張開催することが可能です。内容はお気軽にご相談ください。
例1)AEDの使い方のみ
例2)ファーストエイドコースのみ
例3)Basic Skillsコースにアイシングの効果や方法を学ぶコースを加える